教室長紹介


京進スクール・ワン四日市ときわ教室の教室長・吉川(よしかわ)と申します。

四日市市内の小学生・中学生・高校生を延べ350名以上サポートしてまいりました。

このページでは、教室長のプロフィールを長々と書いていきますので、興味のある方だけおつきあいください(笑)


経歴

  • 三重県四日市市、地元生まれです。
  • 四日市市立海蔵小学校 卒業
  • 四日市市立山手中学校 卒業
  • 川越高校英語科(現・国際文理科)卒業
  • 立命館大学文学部考古学コース卒業:土をひたすら掘っていました。
  • 前職:メーカー勤務(2005年~2011年)
  • 京進スクール・ワン富田教室 教室長(2011年〜2018年)
  • 京進スクール・ワン四日市ときわ教室 教室長(2018年〜)
  • 現在はフランチャイズ形式で当教室を経営しています。


三重と名古屋と京都と埼玉にいたことがあります。

(やや古い)関西事情・関東事情がわかります。

教育一本の経歴ではなく、メーカーの営業マンや人事面接官もしていたこともあります。

経験上、就職対策や選考目安、メーカーの各部署の仕事内容など、他ではできない話ができると思います。

就職相談・志望理由書添削・面接練習をしたい生徒さんはもちろん、講師の先生たちのエントリーシートや、面接相談に乗るのも好きです。


教育記事の執筆


三重県の高校受験誌『三高ナビ』(2018年)のコラム「よっちゃん先生による三重県立高校後期選抜 傾向と対策」を担当しました。



得意科目


  • 考古学 2〜3年に一人、考古学好きの生徒が教室に現れます。これも運命か
  • 小論文 読書感想文、作文もめっちゃ見ますよ。郷土研究も!


一般的な担当科目は英・国・社です。文系ですね。

理系っぽいと言われますが、数学・理科は実は生徒さんたちの方が得意なくらいかも。


特技:何も見ずに、まあまあのクオリティの世界地図を描くことができます。


ご挨拶に代えて ~理想の先生像・生徒像について~


ときどき、問題の間違えを隠してしまう生徒さんに出会います。

隠しかたはいろいろ。


答えを見ながら写してきた子。

初めはマジメにがんばるけど、わからない問題になるとチラチラ教科書を見てしまう子。

答え合わせの時にコッソリ修正してしまう子。

答え合わせの時に、間違えた自分の答えをぜんぶ消して、なかったことにしてしまう子。

テストの答案の点数を折って見えないようにしている子も、そうかな(笑)


きっと、間違ったことに対して、過去に嫌な経験があったんだろうと思います。

間違うことは恥ずかしいことだと思って、それを隠して、それで乗り切ってきた。

そんな経験を積んできたのでしょう。

誰でも、自分の苦手なものは周りに見せたくない。その気持ちに共感します。


でも、そうすると、自分のミスをあまりふりかえらないようになります。「臭いものにフタ」という言葉もあります。

ミスに対して、"なかったことにしよう""忘れよう"という意識が働くので、またミスをしやすくなります。そして、また嫌な思いをして、また隠して…の繰り返しです。


これでは成長がそこで止まってしまいます。

塾の勉強という世界の中ですが、この行動や思考を変えてみたいなと考えています。


たとえば、発明家で有名なエジソンは"たくさんの失敗をしてきたから、とうとう失敗しないようになれた(=成功した)"と、自分のことをふりかえったそうです。

失敗って、貴重な体験になるし、記憶に一番残る「学習」だと思うんです。


京進スクール・ワンでも、脳科学学習法の専属アドバイザー・池谷裕二東京大学教授がこう言っています。




京進スクール・ワン四日市ときわ教室では、子どもたちの失敗を歓迎します。

不正解やミスを隠さずに、どんどん授業中に見せてください。

しからないから、安心してください(笑)


「ほめてのばす指導」で受け入れて、家庭学習やテスト本番の時に、普段出ていた失敗を出ないようにしていくのが、私たち先生の役割です。


だから、「素直な子」が一番伸びると確信しています。


「素直な子」とは、勉強面で具体的に言うと「問題を解く時に、何も見ずに解いて、結果をあるがまま大人に見せられる子」です。

言うは易しですが、私が見る限り、これを自然にできる生徒さんは少ないです。

これができるということは、イコール、心が強い人になるということです。


そんな生徒さんを、一人でも多く育てていける場でありたいと考えています。


趣味


石の専門家

化石や鉱物・宝石は専門外

私の名前で検索すると、趣味のほうが先に出ます。


趣味のブログ

石神・磐座・磐境・奇岩・巨石と呼ばれるものの研究


四日市文化協会の会報紙「パッション」で、石と歴史の記事を連載しています。

本もいろいろ出しています。Amazonで一部発売中



お問い合わせはこちらから


お子様のお名前、学校名、学年、連絡先お電話番号を教えていただきますと、その後のやりとりがスムーズです。

名前

メール *

メッセージ *

このブログを検索

ジュクサガス

ジュクサガス
当教室のクチコミが掲載されています。

人気の投稿

QooQ